« 【やれやれの売り】---116円台後半から、117円台前半程度?---2006年11月24日Part2 | トップページ | 【ユーロ/円(EUR/JPY)】---再送の再送の『再送』---2006年11月24日Part4 »

2006年11月24日 (金)

「115円程度から120円程度」での「持ち合い相場」---【現状のドル/円をどのように考えているのか?】2006年11月24日Part3

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年11月24日Part3
【現状のドル/円をどのように考えているのか?】
---「115円程度から120円程度」での「持ち合い相場」---

先月(10月)の中旬なのですが、
その時点で、
『ドル/円(USD/JPY)をどのように考えているのか?』
を書きました。

振り返って、マーケットを見ると、
このところの、ドル/円(USD/JPY)の高値は、
10月中旬の[120.00]アラウンドです。
---結局、[120.00]を上に抜けることが出来ませんでした。---

先月(10月)の中旬に想定していた高値よりも、
『思ったより「上値の伸び」が、少なかった』
『天井が、思っていたよりも、低かった』
と考えています。

現時点では、若干、修正して、次のように見ています(月並みですが・・・)。

現状のドル/円(USD/JPY)は、「115円程度から120円程度」での、
「持ち合い相場」を形成しているのではないか、
と、個人的には考えています。

現時点では、
『上値が抑えられたので、
 下値も、どこか一定の水準に抑えられるのではないか』
と考えています。

ただし、
高値で持ち合った後ですから、[115.00]を割り込む場合は、要注意です。
---さらに重要なポイントは、[114.00]アラウンドにある、
  と考えていますが・・・---

これから、年末のクリスマス・シーズンで、
市場参加者は、今後、徐々に少なくなってきます。

そういった、「薄いマーケット」になると、
「油断禁物」「予断を許さず」ですから、
真剣に、マーケット臨む必要があります。

あまり、無理をしない方がよいシーズンが、近づいています。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

以下、先月(10月)の中旬のコメントを、そのまま添付します。
書いた時期を斟酌して、再読してください。

2006年10月18日Part2
【ブログ・スピード for くりっく365】
---現状のドル/円(USD/JPY)をどう考えているのか?---

【ブログ・スピード for くりっく365】
http://harbest.blog.ocn.ne.jp/dealers/

に、コメンテーターとして、参加しています。

そこに、読者の方から、ご質問をいただきました。
そのご質問と、それに対するお返事をご紹介します。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

『米ドルは、年末までに、いくらまで上昇して行くでしょうか?』

投稿 M.K | 2006年10月17日 (火) 16時56分

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ドル/円(USD/JPY)へのご質問だと推量してお答えします。
---ドル/円(USD/JPY)のコラムに書かれていましたので(筆者追記)---

ただし、こういった、
「いついつまでに、いくらになると考えるのか?」
といったご質問は、正直なところ、答えようがないことも事実です。
相場を読むことは、予言をすることとは違います。
仮に、当たったとしても、それは個人的な「勘」に過ぎませんし、
仮に、外れたとしても、何ら責任を伴わない意見に過ぎないからです。

上述を踏まえたうえで、頂いたご質問の趣旨を斟酌して、真摯にお答えします。

このところのドル/円(USD/JPY)は、
現時点で、確かに、目先、上昇傾向にありますが、
中長期で上昇トレンドになったのか、否か、まだ、明確ではありません。

今週は、[120.00]に届かなかったことから、119円台後半から下落を始め、
今のところ、118円台ミドル程度まで調整下落しています。

現状のドル/円(USD/JPY)は、「116円台から121円台ミドル程度」での、
「持ち合い相場」を形成しているのではないか、と、個人的には考えています。

ドル/円(USD/JPY)が、本格的に、中長期で上昇トレンドになるには、
レジスタンス(上値抵抗)である、121円台ミドル---[121.50]アラウンド---
を明確に上に抜けていく必要があります。

その場合は、その時点で、---チャート・ポイントを抜けた時点で、---
次のポイントを考えれば良い、と考えます。
何も、事前に、今から考える必要がない、と考えています。

---場合によっては、
  相場を読む上で、そういった思惑の強い考え方は危険です。
  上昇することが前提となっていますから、
  思惑が外れて、下落を始めた際に、対応が出来なくなります。
  いわゆる、「高値つかみ」をして、
  損切りの出来ない塩漬け状態になりがちです。---

年末までには、ずいぶんと時間があります。(現在からでも2ヶ月以上)

個人的には、まず、121円台ミドル---[121.50]アラウンド---の
チャート・ポイントに注目している、といったところです。

投稿 物語 | 2006年10月18日 (水) 17時21分

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【やれやれの売り】---116円台後半から、117円台前半程度?---2006年11月24日Part2 | トップページ | 【ユーロ/円(EUR/JPY)】---再送の再送の『再送』---2006年11月24日Part4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【やれやれの売り】---116円台後半から、117円台前半程度?---2006年11月24日Part2 | トップページ | 【ユーロ/円(EUR/JPY)】---再送の再送の『再送』---2006年11月24日Part4 »