« 【マーケット・コメント】2006年10月19日 | トップページ | ポジションによる値動き---【マーケット・コメント】2006年10月20日 »

2006年10月19日 (木)

【ポンド/円(GBP/JPY)】---もともと、値幅の出る取引なのです---2006年10月19日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年10月19日Part2
【ポンド/円(GBP/JPY)】
---もともと、値幅の出る取引なのです---

『ポンド/円(GBP/JPY)を高値で買ってしまったのですが、
 損切りを行った方が良いでしょうか?』
といった趣旨のご質問をいただきました。

「ポンド/円(GBP/JPY)に関して、どのように考えているのか」
を含めて、書きたいと思います。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

ポンド/円(GBP/JPY)は、値動きが激しく映ります。

しかし、比較するならば、
現在のドル/円(USD/JPY)の絶対値を、120円程度とすると、
ポンド/円(GBP/JPY)の絶対値は、220円くらいですから、
値幅としては、ドル/円(USD/JPY)の2倍ほど動いても
当然のことなのです。
---むしろ、そうでないと、かえっておかしいことになります。---

変化率で考えると、本来は、同じなのですが、
ポンド/円(GBP/JPY)で、値幅が、1円、2円あるいはそれ以上に動くと、
心理的に圧迫感があり、ものすごく大きく動いている印象になります。

別な言い方をすれば、
今回のように、ドル/円(USD/JPY)が119円台後半から、
118円台前半程度まで、1円以上下落していますから、
ポンド/円(GBP/JPY)ならば、2円以上(3円近く)動いても
不思議ではないのです。

もちろん、ポンド/円(GBP/JPY)の場合は、
ポンド/ドル(GBP/USD)の値動きにも影響されますから、
一概には言い切れないことにも留意してください。
---今回も、現時点では、変化率で見れば、ドル/円(USD/JPY)よりも
  値動きは小さいものになっています。---

要するに、一般に、多くの人は、
「変化率」ではなく、「動いた値幅の絶対値」に反応し易いが、
それは、誤りだ、と言いたいのです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ごく目先の値動きとしては、(現時点では、)
ポンド/円(GBP/JPY)は、膠着した状態、
つまり、いわゆる「持ち合い」の状態になっています。

また、ポンド/円(GBP/JPY)の大きな流れとしては、
上昇トレンドが続いています。

テクニカル分析(チャート分析)でみると、
[217.50]アラウンドが下値のサポートになっています。

しかし、それでは、値幅が大き過ぎることと思います。
現在のレートが、221円台ミドル程度ですから、
4円も離れていることになりますから。

だから、そういった大きな値幅に耐えられるように、
ポンド/円(GBP/JPY)取引の場合は、
ポジションを小さくすることが重要です。
(上述の通りに、もともと、値幅の出る取引なのです)

資金管理がありますから、無理をすることはいけません。
すぐに撤退する(値段を気にしないで、すぐにやめる)ことも
ひとつの戦術と考えます。

中間の策を採るならば、
[220.00]を割り込むようならば、
いったん損切りを行う、といった戦術でしょうか。

大きな流れとして、上昇トレンドが続いる状態ですし、
まだ、明確に、すぐに損切りを行うべきシグナルも
出ていませんので、手放すには惜しい、と考えます。

しかし、あくまでも、資金管理の面から、
大きな損失にならないようにすることが、第一義と考えます。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【マーケット・コメント】2006年10月19日 | トップページ | ポジションによる値動き---【マーケット・コメント】2006年10月20日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マーケット・コメント】2006年10月19日 | トップページ | ポジションによる値動き---【マーケット・コメント】2006年10月20日 »