« 【マーケット・コメント】---米国雇用統計&北朝鮮の核実験---2006年10月10日 | トップページ | ドル/円は、相対的に見た方が良い?---【東京市場は静かな展開・・・】2006年10月10日Part3 »

2006年10月10日 (火)

【ユーロ/ドル(EUR/USD)】---ドル/円とユーロ/ドルのチャート・ポイントの違い---2006年10月10日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年10月10日Part2
【ユーロ/ドル(EUR/USD)】
---ドル/円とユーロ/ドルのチャート・ポイントの違い---

mixi ( http://mixi.jp/view_community.pl?id=1202869
の【雑談の場】で、
「最近のメールマガジンは、以前ほどの凄みが感じないのでつまりません。」
といった感想をいただきました。

謙虚に、受け止めています・・・。

そのお返事を兼ねて、今回のメールマガジンを書いています。

このところ、何かと諸事繁忙で・・・・。(言い訳ですが・・・)
なかなか、充分に対応しきれていない部分もあろうかと思います。

メールマガジンの内容は、マーケットに沿って書いていますから、
マーケットに迫力が無いと、おのずと、その雰囲気になじみます。

---実は、それもまた、
  マーケットのセンチメントをお伝えする手段ではないか?
  と思っていますが、いかがでしょうか?---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ユーロ/ドル(EUR/USD)が、「重要な」
---「ものすごく重要」とは言い難いけれど、「重要」と言って良い程度の---
チャート・ポイントである[1.2640]を、『完璧に、』下に抜けました。

これで、目先、「ユーロ売りドル買い」になるのではないか?
と、考えています。

ユーロ/ドル(EUR/USD)の下値での、次のチャート・ポイントは、
[1.24台ミドル]程度になります。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

マーケットの状況が、押し迫ってきていますから、
また、少し、面白い内容も書けるのではないか?
と、個人的には、期待しています。

もちろん、
この週末に起きた「北朝鮮の核実験」のニュースも重要なファクターですが、
マーケット(相場)自体が、
既に、そういった押し迫ったステージにあったのではないか?
と考えています。

こういった押し迫った時に、マーケットを撹乱するニュースが、
不思議と伴うものです。

別な言い方をすれば、「北朝鮮の核実験」のニュースが無くとも、
マーケットは動き出していたのではないか?
と考えている次第です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

閑話休題。
かなり以前の---何年か前の---メールマガジンで、
ユーロ/ドル(EUR/USD)のチャート・ポイントと
ドル/円(USD/JPY)のチャート・ポイントの違いを書いた気がするのですが、
自分でも、いつ書いたのか、記憶が定かではありません・・・。

ここで、思い付くことを、ざっと書いておきます。

●ドル/円(USD/JPY)のチャート・ポイントは、
 そのレート(値段)が守られる場合は、
 ---チャート・ポイントが守られる場合は---
 そのレート(値段)にタッチしないケースも多い。

●ドル/円(USD/JPY)のチャート・ポイントは、
 その値段にタッチすることがあっても、
 その時点では、まだ、チャート・ポイントをクリアしたとは判断できない。
 しかし、10銭、20銭と抜けたら、
 『完璧に、』突き抜けたと判断した方が良い。

別な言い方をすれば、以下の通り。

 ---ドル/円(USD/JPY)のチャート・ポイントが守られる場合は、
   突き抜けても、5銭、10銭程度で、戻ることが多い。---

 ---5銭、10銭程度以上に突き進む場合は、
   それで、チャート・ポイントは破られた、
   と判断した方が良いことが多い。---

●ところが、ユーロ/ドル(EUR/USD)のチャート・ポイントは、
 その値段にタッチすることが多い。

 タッチして、
 場合によっては、20ポイント、30ポイントと突き抜けても、
 そのチャート・ポイントが守られる場合が多々ある。

だから、ユーロ/ドル(EUR/USD)のチャート・ポイントの場合は、
【『完璧に、』抜けたのか? 否か?】
を判断する必要がある。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【マーケット・コメント】---米国雇用統計&北朝鮮の核実験---2006年10月10日 | トップページ | ドル/円は、相対的に見た方が良い?---【東京市場は静かな展開・・・】2006年10月10日Part3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マーケット・コメント】---米国雇用統計&北朝鮮の核実験---2006年10月10日 | トップページ | ドル/円は、相対的に見た方が良い?---【東京市場は静かな展開・・・】2006年10月10日Part3 »