« グリーンスパン前FRB議長のコメント---【マーケット・コメント】2006年10月27日 | トップページ | 【ユーロ/円(EUR/JPY)】 ---『水を差された』印象、すなわち、先送り---2006年10月29日 »

2006年10月27日 (金)

ストップ・ロス・オーダー---【ユーロ/円(EUR/JPY)】2006年10月27日Part2

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年10月27日Part2
【ユーロ/円(EUR/JPY)】
---ストップ・ロス・オーダー---

本日の東京市場では、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
[150.50]を越えて、最高値の[150.70]アラウンドを付けている。

[150.80]を越えると、
ストップ・ロス・オーダー(損切りのユーロ買い円売り注文)が
断続的にある様子だ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【ストップ・ロス・オーダー】(Stop Loss Order)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub013su.htm#stpolossorder

逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)のこと。

たとえば、
「現状の値段から、ある一定の値段までドルが下落したら、ドルを売れ」
「現状の値段から、ある一定の値段までドルが上昇したら、ドルを買え」
といった【オーダー】のこと。

通常の【オーダー】は
「現状の値段から、ある一定の値段までドルが下落したら、ドルを買え」、
「現状の値段から、ある一定の値段までドルが上昇したら、ドルを売れ」
という意味だから、売り買いが逆になる。

ドル円の取引で具体的に説明しよう。

ドルの値段が上昇するだろうと考えて、ドルの買い持ちにしている時に、
その思惑に反して、ドル円の値段が下落したとしよう。

当然、損失が発生するのだが、
ある一定の値段で【ストップ・ロス・オーダー】を出しておけば、
その値段でドルを売ってドルの持ち高を解消することができる。

このように、それ以上の損失が発生しないようにするために、
【損切り】の【オーダー】をいれる場合がある。

ドルを買い持ちにしている時の【ストップ・ロス・オーダー】は
ドルの売り【オーダー】であるから、
この場合は【ストップ・セル・オーダー】と言うこともある。

ドルの値段が下落するだろうと考えて、ドルの売り持ちにしている時に、
その思惑に反して、ドル円の値段が上昇したとしよう。

この場合も当然、損失が発生する。
ある一定の値段で【ストップ・ロス・オーダー】を出しておけば、
その値段でドルを買ってドルの持ち高を解消することができる。

ドルを売り持ちにしている時の【ストップ・ロス・オーダー】は
ドルの買い【オーダー】になる。
この場合は【ストップ・バイ・オーダー】と言うこともある。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« グリーンスパン前FRB議長のコメント---【マーケット・コメント】2006年10月27日 | トップページ | 【ユーロ/円(EUR/JPY)】 ---『水を差された』印象、すなわち、先送り---2006年10月29日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« グリーンスパン前FRB議長のコメント---【マーケット・コメント】2006年10月27日 | トップページ | 【ユーロ/円(EUR/JPY)】 ---『水を差された』印象、すなわち、先送り---2006年10月29日 »