« 【ポンド/円(GBP/JPY)】---もともと、値幅の出る取引なのです---2006年10月19日Part2 | トップページ | ユーロ/ドル(EUR/USD)のチャート・ポイント---【今月の中旬のコメントを一部再送】2006年10月20日Part2 »

2006年10月20日 (金)

ポジションによる値動き---【マーケット・コメント】2006年10月20日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年10月20日
【マーケット・コメント】
---ポジションによる値動き---

昨日(10月19日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
118台後半程度---[118.90-95]レベル---でオープンした。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

またまた、(残念ながら、いつものように・・・、)
東京市場は、動きらしい動きが無かった。

東京市場の夕方に、
中東勢、欧州勢、ロンドン勢が参入する時間帯になってから
動き出した。

東京時間の夕方(16:00以降)になって、
ドル/円(USD/JPY)は、[118.50]を割り込む程度に売られた。

ロンドン市場の朝方は、[118.50-70]程度で持ち合いとなった。

ニューヨーク勢が参入して、再び、ドル売りが強まり、
[118.20-30]アラウンドにあった
ストップ・ロス・オーダー(損切りのドル売り円買い注文)を付けた。
安値は、[118.00-10]レベル。ただし[118.00]にはタッチしていない。

ストップ・ロス・オーダーを付けた後は、動意がなくなり、
若干のリバウンド(小戻し)を見てのニューヨーク・クローズとなった。
---ニューヨーク・クローズは、[118.10-20]レベル。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(10月19日)は、さほど重要な米国経済指標もなく、
マーケット(外国為替市場)のポジションによる値動きだと考えている。

このところ、10月に入って、
ドル/円(USD/JPY)は、上昇傾向強く、
節目であった[118.50]アラウンドを越えて上昇していた。

そして、もうひとつの節目であった[119.50]アラウンドも越えて上昇し、
[120.00]を窺う展開となっていた。

「北朝鮮の核実験」や、
それに伴う日本の(アジアの)「地政学的リスク」を材料に、
ドル/円(USD/JPY)を買った向きも多かった、と考えられる。

しかしながら、結果的には、[120.00]にタッチできなかったことから、
ポジション調整が起こっている、と見ている。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【ポンド/円(GBP/JPY)】---もともと、値幅の出る取引なのです---2006年10月19日Part2 | トップページ | ユーロ/ドル(EUR/USD)のチャート・ポイント---【今月の中旬のコメントを一部再送】2006年10月20日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ポンド/円(GBP/JPY)】---もともと、値幅の出る取引なのです---2006年10月19日Part2 | トップページ | ユーロ/ドル(EUR/USD)のチャート・ポイント---【今月の中旬のコメントを一部再送】2006年10月20日Part2 »