« 【マーケット・コメント】2006年10月12日 | トップページ | 【北朝鮮の2回目を危惧しています】---あくまでも、個人的な考え方です---2006年10月13日Part2 »

2006年10月13日 (金)

このところの最高値圏で、手が出なかった---【マーケット・コメント】2006年10月13日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年10月13日
【マーケット・コメント】
---このところの最高値圏で、手が出なかった---

昨日(10月12日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
119円台ミドルアッパー---[119.65-75]レベル---でオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

その前のニューヨーク市場(10月11日NY市場)が、
「ドル高値引け」をした地合いを引き継いで、
このところのドル最高値圏での東京オープンとなった。

東京市場では、この水準から買い上げる勢いは無かった。

マーケットのウワサでは、
[120.00]には、大量のドル売りオーダーが控えているそうだ。

また、為替オプション取引に伴う、巨額のドル売りオーダーも並立している、
といったウワサも聞いている。

だから、[120.00]には、「防戦売り」が待ち構えている(に違いない)、
といったウワサも流布している。

真偽の程は、確かめる必要も無い、と考えている。

常識や、経験則で考えれば、
[120.00]という『キリの良いビッグ・フィギュア』には、
それ相応の取引注文(オーダー)が集中しているのは当然のこと。

だから、真偽の程は、おおよそ「真」だろう、と考えている。

ただし、大量のオーダーがあるからといって、
それを突き破ることが出来ない、と言っている訳ではない。

突き破るか?否か?という問題に、拘泥する必要も無い。

昨日(10月12日)の東京市場の場合は、
結論として、[120.00]に届かずに、上値は守られた。

東京市場の朝方のレベル---[119.65-75]レベル---が、
昨日(10月12日)の最高値圏で、
東京市場のドル/円(USD/JPY)は、ダラダラと下げた。
東京市場夕方には、[119.20-30]レベルまで下落している。

ロンドン市場の朝方に、リバウンドを見せて、[119.60-65]レベルに戻したが、
ニューヨーク市場では、小緩んで、[119.30-40]レベルでの安値引けとなった。

概して、昨日(10月12日)は、このところの最高値圏で、
多くの市場参加者も「手が出なかった」「手を出し難い」
といった様子が伺える。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

引き続き、ユーロ/円(EUR/JPY)は、[150.00]アラウンドで膠着。
あまり、積極性は見られない。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、ドル・ベースで考えれば、
ドル/円(USD/JPY)の「写真相場」。故に、割愛。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(10月12日)のニューヨーク市場で発表された米国経済指標は、
8月の「米国貿易収支」。

結果:[△699億ドル]
予想:[△667億ドル]
前回:[△680億ドル]

米国の貿易赤字は、史上最大の赤字となった。

その割には、マーケット(市場)は反応していない。

マーケット(市場)のセンチメントが
「ドル・ブル」に傾いていることの証左と考えている。

マーケット(市場)のセンチメントを加速するような内容には反応するが、
センチメントにアゲインストの内容の場合には、
---センチメントの腰を折るような都合の悪い内容の場合には、---
時として、マーケット(市場)は、「それ」を無視することがある。

昨日(10月12日)の米国貿易収支は、そういった場合の典型例と見ている。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【ビッグ・フィギュア】(Big Figure)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub027hi.htm#bigfigure

 プライスの大台のレートのこと。
 為替レートの大台のこと。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【マーケット・コメント】2006年10月12日 | トップページ | 【北朝鮮の2回目を危惧しています】---あくまでも、個人的な考え方です---2006年10月13日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マーケット・コメント】2006年10月12日 | トップページ | 【北朝鮮の2回目を危惧しています】---あくまでも、個人的な考え方です---2006年10月13日Part2 »