« ストップ・ロス(損切り)でドル下落---【マーケット・コメント】2006年09月22日Part2 | トップページ | 【SNSの[GREE]】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 為替コミュニティ ---2006年09月24日 »

2006年9月22日 (金)

【ケガの功名】---【新生銀行】[為替予想・ダービー・ブログ]---2006年09月22日Part3

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月22日Part3
【ケガの功名】
---【新生銀行】[為替予想・ダービー・ブログ]---

【新生銀行】[為替予想・ダービー・ブログ]
 ~的中率が高いのは誰?~ - B. 直感派 松田 氏
http://www.blog-shinseibank.com/cat64547/

新生銀行に、[為替予想・ダービー・ブログ]という企画があり、
毎週、コメントを書いています。

いつもは、土曜日か日曜日に原稿を書いています。
締め切りは毎週、月曜日の朝9時。

そうなると、月曜の朝早くのマーケット---月曜日のシドニー市場---を眺めて、
提出することが多い。

ところが、今週は、月曜日(9月18日)が、敬老の日で休日でした。
だから、締め切りは、火曜日(9月19日)の朝9時になります。

しかし、それでも、予想するターム(期間)は、
9月18日(月)~22日(金)ということです。

当然に、こういった場合は、9月18日の月曜日に、海外市場を見て、
原稿を書いた方が賢明でしょう。

そうは、思ったものの、先週には、【G7】も終了。
そして、次のイベントは、9月20日(水)のFOMC。

締め切りは、火曜日(9月19日)の朝9時だから、FOMCは、どうせ間に合わない。

【G7】も、たいしたことが無かったし、と、日曜日(9月17日)のうちに、
原稿を書いて、提出してしまいました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末のドル/円(USD/JPY)のニューヨーク・クローズは、
117円台ミドル程度。

【G7】も、たいしたことが無かったし、
FOMC(Federal Open Market Committee:連邦公開市場委員会)も、
大方の予想通りに「ドル金利据え置き」なるのだろう、
と、考えていたから、
個人的には、それ程、大きくドルが上昇するとは思わなかった。

【G7】開催前のドル/円(USD/JPY)の高値は、[118.05-15]レベル。
それで、高値は、その水準と考えて、
予想レンジは、高値に照準を合わせて、[118.20-115.20]。

ところが、[為替予想・ダービー・ブログ]は、
日曜日(9月17日17:00東京時間)のうちに提出してしまった後で、
9月18日(月)「敬老の日」に、ドル/円(USD/JPY)は軽く急騰。
高値を更新して、[118.25-30]レベルをつけてしまった。

提出期限の前に、---火曜日(9月19日)の朝9時までに、---
予想した高値を抜けるとは思ってもいなかった。

どうせ、東京市場の休日は、『たいして動かないよ』などと思っていたことは、
今考えると、油断だったのかも知れません・・・。

この時点で、まだ、提出期限(締め切り)は来ていないので、
まだ間に合いますから、よっぽど、レンジを訂正しようか、
とも考えたのですが・・・。

しかし、結局、そのあたりが高値になるのだろう、と考えて、
あえて、訂正せず。

まだ、今週は、終わっていませんから、予断は禁物なのですが、
まあ、今週の予想レンジでは、高値は、だいたい当たりそうです・・・。

---もちろん、高値は[5~10銭]程度、越えていますが、
  それも「誤差の内」でしょう・・・。---

---しかし、そうは言っても、提出期限前に、
  実際のマーケットは、予想レンジを越えている訳ですが・・・。---

こういうのを、「ケガの功名」と言うのかも知れません・・・。

---9月18日(月)のマーケットを見て、コメントを書いていたら、
  予想レンジの高値は、少なくとも、
  [118.50]ないしは[118.80]程度にしていたことでしょう・・・。
  [119.00]アラウンドにしていたかも知れません・・・。---

---余談ですが、「予想レンジ」を書く際に、
  「現在レート」を「予想レンジ内」に含めないで書くことは、
  非常にマレです。
  (絶対に無いとは言いません。本当に、ごく稀にあるのですが・・・)
  今回の場合、現在レートが、[118.25-30]なのに、
  「今週の予想レンジ」が、[115.00-118.00]となることはあり得ないのは、
  「自明の理」でしょう。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

さて、まだ今週は終わっていません。

ドル/円(USD/JPY)は、116円台前半で、気迷い気味の展開になっています。

ごく目先のサポートは、[116.00-10]レベル。
[116.00]を割れると、もう一段のストップ・ロス(損切りのドル売り)が
あることが予想されます。
---[115.80-90]レベルにストップ・ロスがあると考えられます。---

その次のサポートは、[115.55-60]レベル。
[115.50]を割れると、もう一段のストップ・ロス(損切りのドル売り)が
あることが予想されます。
---[115.35-45]レベルにストップ・ロスがあると考えられます。---
---[115.50]を割り込んでからのストップ・ロスの方が大きい、
  と、考えられます。---

本日(9月22日)のニューヨーク市場で、
『ドル/円(USD/JPY)は、どこまで下値をトライするのだろうか?』
と、見ています。

---そうすると、今週の予想レンジが当たりますから・・・。
  これって、「ポジション・トーク」かも知れません・・・(^0^)/♪---

※【ポジション・トーク】(Position Talk)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub030ho.htm#positiontalk

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« ストップ・ロス(損切り)でドル下落---【マーケット・コメント】2006年09月22日Part2 | トップページ | 【SNSの[GREE]】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 為替コミュニティ ---2006年09月24日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ストップ・ロス(損切り)でドル下落---【マーケット・コメント】2006年09月22日Part2 | トップページ | 【SNSの[GREE]】---【@へたうち外為部(^^;】in[GREE] 為替コミュニティ ---2006年09月24日 »