« 【「鳥福」の酒について---大関の樽酒---】---「閑話休題」(No.2)---2006年09月21日Part2 | トップページ | ストップ・ロス(損切り)でドル下落---【マーケット・コメント】2006年09月22日Part2 »

2006年9月22日 (金)

「鳥福」の【カウンター】と【テーブルと椅子】---そして、【姫りんご】と【花瓶】---2006年09月22日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月22日
「鳥福」の【カウンター】と【テーブルと椅子】
---そして、【姫りんご】と【花瓶】---

古いコンテンツなのですが、
あえて、[マールマガジン][ブログ]に掲載したくて、取り上げます。
(昨日、一昨日の続きです)

オリジナル・コンテンツは、以下のページにあります。

「閑話休題」 My Favorite;(No.3)
---「鳥福」の【カウンター】と【テーブルと椅子】---
http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub003.htm

「閑話休題」 My Favorite;(No.4)
---【カウンター】と【椅子】(2)---
http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub0031.htm

「閑話休題」 My Favorite;(No.5)
---【姫りんご】と【花瓶】---
http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/sub004.htm

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

---「鳥福」の【カウンター】と【テーブルと椅子】---2001年7月24日(火)

「鳥福」の【カウンター】はアフリカ・ウガンダ産ブビンガ材。
大木から作った「一枚板」。

一枚板のカウンターで、この店よりも分厚いものを見たことがない。
(それは、見聞が狭いだけ・・・・・、と、おっしゃるなかれ!
 本当にすごいカウンターなんですよ。)

酒を飲みに行って、そのお店のグラスが素敵だとか、
壁にかけてある絵とか写真が綺麗だとかは、たまにあると思う。

でも、普通は、飲み屋でカウンターを愛でながら、
酒を飲むなんてことはないでしょう・・・・・?

酒飲んでる時には、そもそも、そんなところに気がまわらない。

だから、「鳥福」に行き始めのころは、気が付かなかった。

カウンターの右端(店の奥側)の方に腰掛けて、何気なく上を見ると、
「丸太の材木の写真」が飾ってある。

『何で、「丸太の材木の写真」なんか、かけてあるんだろう・・・・・?』

その写真の左に、毛筆で説明が付いている。

 『樹齢900年以上のアフリカ・ウガンダ産の大木。
  直径2メートル10センチ。長さ10メートル。
  当店のカウンターに使用しました。     』

それを読んで、初めてこのカウンターの原木の写真なんだとわかる。

それまで、気にしていなかったのに、改めてカウンターを、
よく眺めてみることになる。

そして、
「ふ~ん・・・・・。 なるほどネ・・・・・。」
と、唸る。

濃い赤茶色をしたカウンターは、毎日、拭きこまれて、
所々の色が変わっている。それもまた、味わいがある。
(本当ぉ・・・・・? さっきまで、そんなこと思ってなかったでしょ?
 でも、そんな気がして来る・・・・・。)

カウンターを見るついでに、思わず店の中、全体を見渡してしまう。

後ろの、二人掛けのテーブルが目に入る。

よく見ると、その小さいテーブルは、
「一枚板のカウンター」と同じ色と厚みを持っている。

『あぁ、そうか・・・・・。
 このテーブルも同じ原木から作ったんだな。
 コーディネートしているわけネ・・・・・。』

『店の中、全体の色調に気を使ってるんだな・・・・・。』

と、その小さいテーブルと椅子を注意深く眺めると、また、新しい発見だ。

『あれっ!
 この小さいテーブルの椅子もカウンターの椅子も
 全部「鳥福」の銘が入っているゾ・・・・・。
 椅子もあつらえた特注品なんだ。』

色彩は同じなんだけど、木目はひとつひとつ違っている。
でも、どことなく落ち着いて、全体のバランスが良い。

天然の素材なのに、調和してしまうのは、
同じ木で作ったからなんだろうなぁ・・・・・。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

---【カウンター】と【椅子】(2)---2001年8月11日(土)

先日、オヤジサンに訊きました。

「オヤジサン、この椅子は、あつらえて作ったんでしょ?」

「あぁー、そうですよ。」

「これは、何の木で出来てるの? これもブビンガ材?」

「いや、これは違う。 この椅子はねぇ、『たも』の木で作ったんですよ。
 マツダサン、知ってる? 『たも』の木って?」

「ううん。 知らない。」

「『たも』の木っていうのはねぇ、
 『あかだも』と『あおだも』とあるんですよぉ。」

「ふーん・・・・。」

「それでね、『あおだも』の木でねぇ、バットを作るんですよ。
 プロ野球の選手が使ってる木のバット。」

「へぇー。」

「この椅子は『あかだも』だから、バットの素材と全く同じじゃあないけど、
 一緒の種類の木で作ってるんですよ。
 いい木目が出てるでしょ?」

若大将:カンチャンの説明によると、
ブビンガ材の原木を四つに切って、
その中心部のさらに一部分を【カウンター】に加工したのだそうだ。

この部分でないと、木目が綺麗に出なくて、価値がないらしい。

だから、直径が2メートル以上もある大木でないと、
このくらい厚みのある一枚板のカウンターは作れないのだそうだ。

さらに、今は様々な規制があって、
こういった大木は簡単に輸入できなくなったそうだ。

※ご参考のために、HP上では、図を作成しています

 【カウンターに用いたブビンガ材の大木】
 こちら⇒ http://www.h3.dion.ne.jp/~smatt/image33.gif

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

---【姫りんご】と【花瓶】---2001年8月4日(土)

毎年、「桜」の季節が終わる頃になると、
「鳥福」のカウンターの一番奥に、
大きな「花瓶」に「姫りんご」の大きな枝が活けられる。

初めて見たときは、遅咲きの「桜」か、と思った・・・・・。

「オヤジサン、これ『遅咲きの桜』?」

「いや、マツダサン、これね、『姫りんご』。
 うちの庭に咲いてるんだよ。
 綺麗だから、うちに来るお客さんに、見てもらおうと思って。」

「姫りんご」の枝は、カウンターの端から端に届くほどだ。
だから、五~六メートルはあるだろう。
「枝」というよりも、「木」といったほうがいい。

花は、「桜」よりもひとまわり大ぶり。
花のつき方は、「桜」によく似ている。

カウンターに座って、上を見ると、
ぶら下がっている「品書き」が「姫りんご」の満開の花にうずもれてしまう。

カウンターの右端に「花瓶」が置いてあるので、「花瓶」の左隣に腰掛けた。

「フ~ン・・・・・。
 オヤジサン、『姫りんご』の枝ぶりもみごとだけど、
 この『花瓶』もスゴイねぇ・・・・・。
 こんなに大きな枝を活けても、全然、負けてないもの・・・・・。」

俺は、こんなに大きくて重い枝を、
どっしりと支えている「花瓶」を手でなでながら、 
【この花瓶も、ずい分と重いんだろうなぁ】
と考えていた。

「さすが、マツダサンだねぇ・・・・・!
 わかる? この花瓶。」

「いやぁ・・・・・。
 だって、花に負けてないものねぇ・・・・・。」

俺は、【重量】を考えていた。

「この花瓶は、人間国宝の****さんの作なんだ。
 有名になる前の、若いときの作だけど、わかってもらえると、うれしいねぇ。
 わかる人には、わかるんだねぇ。」

「・・・・・・?
 えっ・・・・・?」

もちろん、素晴らしい「花瓶」だとは思ったんだけど・・・・・。

「オヤジサン・・・・・。
 この花瓶って、いくら位するの・・・・・?」

「もう四〇年くらい前で、買った時の値段が二百万だったかなぁ・・・・・。
 今買ったら七、八百万はするんじゃないかな?」

「俺・・・・・、席替わる・・・・・。」

触っていて、落としたら大変だ・・・・・。
隣にあると、何かの拍子で引っ掛けるかもしれない。

「鳥福」で飲む時は、店がすいていれば、
いつもカウンターの右奥から二番目の席なのだけれど、
「姫りんご」の季節は、奥から三番目か、四番目の席で飲むようにしている。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【「鳥福」の酒について---大関の樽酒---】---「閑話休題」(No.2)---2006年09月21日Part2 | トップページ | ストップ・ロス(損切り)でドル下落---【マーケット・コメント】2006年09月22日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【「鳥福」の酒について---大関の樽酒---】---「閑話休題」(No.2)---2006年09月21日Part2 | トップページ | ストップ・ロス(損切り)でドル下落---【マーケット・コメント】2006年09月22日Part2 »