« 【マールマガジンへの登録をお願いいたします】---ブログを見るのでも、同じですが、時間が違います---2006年09月08日Part2 | トップページ | 【週末のニューヨーク市場も何もしなかった】---だから、状況に変化が無く、『怖い状態』が継続している---2006年09月11日 »

2006年9月 8日 (金)

本日の東京市場は、『何もしなかった・・・』---【マーケット・コメント】2006年09月08日Part3

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月08日Part3
【マーケット・コメント】
---本日の東京市場は、『何もしなかった・・・』---

昨日(9月7日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
116台ミドル程度の水準で寄り付いた。

---オープニングの気配値は、[116.60]アラウンド。---
---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京時間の午前中から昼過ぎの午後までは、これといったこともなく、
ドル/円(USD/JPY)は、底堅い値動き。
116円台ミドルでの持ち合い、といった印象。

東京市場の夕方になって、
中東勢やアーリー・ヨーロッパ勢(スイス・フランクフルトなど)の
参入する時間帯になって、ドル/円(USD/JPY)は、上昇を始めた。

ロンドン市場の朝方には、117円台に乗せている。
---高値は、[117.05]レベル---

この時点で、ドイツのミロー財務次官の発言が流れた。

同氏は、
今月のG7(7カ国財務相・中央銀行総裁会議)で、円の弱さについて協議する、
といった見通しを発言。

この発言を、『きっかけ』に、ドル/円(USD/JPY)は、
高値の[117.05]レベルから、[116.00]レベルまで、約1円の急落。

同じく、この発言を、『きっかけ』に、ユーロ/円(EUR/JPY)は、
[149.70]レベルから、[147.90]レベルまで、2円近く急落した。
---クロス円も同様に急落しているが、
  あえて、ユーロ/円(EUR/JPY)を対象としてコメントを書きます。
  それは、ユーロ/円(EUR/JPY)が、
  概して、クロス円の値動きを包括できるからです。---

値動きを見ても、ユーロ/円(EUR/JPY)の急落の方が、当然に大きい。

ユーロ/円(EUR/JPY)の急落は、ユーロ/ドル(EUR/USD)に影響を与えた。

つまり、ユーロ/ドル(EUR/USD)にも、
売り圧力(ユーロ売りドル買い圧力)がかかった。

ドイツのミロー財務次官の発言前までは、
[1.2800]を挟んで、20~30ポイント程度での
「持ち合い相場」を形成していたユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.27台前半に急落している。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

その後のニューヨーク市場では、それぞれ「持ち合い」に推移し、
にらみ合い、といったところ。

ドル/円(USD/JPY)は、116円台前半から116円台ミドル程度で「持ち合い」。

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、小動きで、1.27台前半で「持ち合い」。

ユーロ/円(EUR/JPY)も、概して言えば、148円台前半で「持ち合い」。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日(9月8日)の東京市場は、(残念なことに・・・)
『何もしなかった・・・』。

主体性の無いマーケットは、困ったものだ・・・、と、思う・・・。
東京市場の存在意義を思案してしまう・・・・。まことに、残念・・・。

---個人的な、そういった「思い」は、別にして、事実を見るならば、
  東京市場では、何も起こらずに、次のマーケットに先送りした。---

---次のマーケット(ロンドン、ニューヨーク)も、
  先送りするかも知れませんが・・・。まあ、それはそれとして。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(9月7日)のコメントで、以下のように述べた。

> 東京市場の時間帯は、
> ユーロ/円(EUR/JPY)は、ドル/円(USD/JPY)の影響が強い。
>
> ロンドン市場、ニューヨーク市場は、
> ユーロ/円(EUR/JPY)は、ユーロ/ドル(EUR/USD)の影響が強くなる。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
(中略)
>
> ユーロ/ドル(EUR/USD)の下値のサポート(チャ-ト・ポイント)は、
> 1.26台後半程度の水準(レベル)。
>
> [1.2650]を割り込むと、ユーロ/ドル(EUR/USD)が急落する形で、
> ユーロ/円(EUR/JPY)が下落する可能性がある。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
(中略)
>
> ロンドン市場、ニューヨーク市場で、ユーロ/ドル(EUR/USD)主導で、
> ユーロ/円(EUR/JPY)がさらに下落する場合は、怖い。
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

今のところ、昨日(9月7日)のニューヨーク市場、
本日(9月8日)の東京市場が、『何もしなかった・・・』ので、
状況に変化が無く、『怖い状態』が継続している。

注目は、ユーロ/ドル(EUR/USD)の下値のサポート。

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

|

« 【マールマガジンへの登録をお願いいたします】---ブログを見るのでも、同じですが、時間が違います---2006年09月08日Part2 | トップページ | 【週末のニューヨーク市場も何もしなかった】---だから、状況に変化が無く、『怖い状態』が継続している---2006年09月11日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【マールマガジンへの登録をお願いいたします】---ブログを見るのでも、同じですが、時間が違います---2006年09月08日Part2 | トップページ | 【週末のニューヨーク市場も何もしなかった】---だから、状況に変化が無く、『怖い状態』が継続している---2006年09月11日 »