« 【ドル/円は、ユーロ/ドルの影響とユーロ/円の影響を勘案する】---PS;今日(9月11日)は、“September11”---2006年09月11日Part2 | トップページ | メールマガジン【独断と偏見の為替相場】 »

2006年9月12日 (火)

【引き続き、ユーロ/円の影響が強い】---ユーロ/ドルの、[1.2650]はフェイル(失敗)---2006年09月12日

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[外国為替の基本とカラクリがよーくわかる本]
―相場変動の仕組みと外為市場の基礎―
How‐nual Business Guide Book
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 秀和システム □ 1,575円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

2006年09月12日
【引き続き、ユーロ/円の影響が強い】
---ユーロ/ドルの、[1.2650]はフェイル(失敗)---

---つまり、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、東京市場で、
  一時、[1.2650]を割り込み、[1.2649]の安値を付けたが、
  この値動きでは、『完璧に』ブレイクした、とは言えない。---

昨日(9月11日)週明け月曜の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
116円台後半([116.75-80]レベル)でオープンした。

---東京市場のオープン(寄り付き)は、東京時間午前9:00。---

東京市場午前中の値動きは、
116円台ミドルに向けて、ドルを売る動きも見られたが、
底堅く、結果的には、落ちきらないセンチメント。

この時間帯の---東京市場午前中の---
ユーロ/円(EUR/JPY)は、147円台後半で推移している。
[147.75-148.00]アラウンドで、微妙な緊張感を保ちながら、
結果的に持ち合いに推移していた。

東京市場の午後に、
ユーロ/円(EUR/JPY)が、[148.00]を上に抜けて、上昇を始めた。

ユーロ/円(EUR/JPY)は、[148.30-40]レベルを上に抜けると、
ストップ・ロス(損切りの「ユーロ買い円売り」)を巻き込んで、
上昇のスピードが加速した。
[148.30]から、[149.30]アラウンドまで、
一気に[100ポイント]を駆け上がった印象。

ドル/円(USD/JPY)は、ユーロ/円(EUR/JPY)の上昇した影響を受けて、
[116.70]アラウンドから、[117.30]アラウンドまで上昇した。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(9月11日)のコメントを引用します。

> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> このところ、何度も書いたことの繰り返しになりますが、
> ユーロ/円(EUR/JPY)は、
> 【ドル/円(USD/JPY)レート】と【ユーロ/ドル(EUR/USD)レート】を
> 「掛け算」することで求められます。
>
> だから、ユーロ/円(EUR/JPY)が上昇するには、
> 【ドル/円(USD/JPY)レート】が上昇するか、
> あるいは、【ユーロ/ドル(EUR/USD)レート】が上昇しないと、
> そういった結果になりません。
>
> 同様に、ユーロ/円(EUR/JPY)が下落するには、
> 【ドル/円(USD/JPY)レート】が下落するか、
> あるいは、【ユーロ/ドル(EUR/USD)レート】が下落しないと、
> そういった結果になりません。
>
> つまり、ユーロ/円(EUR/JPY)が、ドル/円(USD/JPY)に与える影響は、
> 別な言い方をすれば、以下の通りです。
>
> ●ユーロ/円(EUR/JPY)が上昇すれば、
>  ドル/円(USD/JPY)も上昇圧力を受けます。
>
> ●ユーロ/円(EUR/JPY)が下落すれば、
>  ドル/円(USD/JPY)も下落圧力を受けます。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> このところのドル/円(USD/JPY)は、ユーロ/円(EUR/JPY)の影響力が強く、
> ユーロ/円(EUR/JPY)の値動きに振り回されてきた印象です。
>
> 今週のドル/円(USD/JPY)は、引き続き、
> ユーロ/円(EUR/JPY)の影響に振り回されるだろう、と考えています。
>
> そして、今週は、それのみならず、なおかつ、
> ユーロ/ドル(EUR/USD)の値動きにも、
> 振り回されることになりそうだ、と考えています。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(9月11日)のロンドン市場のドル/円(USD/JPY)は、
117円台前半から117円台ミドルに向けて、ジリジリと上昇している。

ニューヨーク市場では、[117.50]を上に突破すると、
[117.75-80]レベルの高値を付けた。

このドル/円(USD/JPY)の値動きは、
東京市場の夕方、---すなわち、ロンドン市場の朝方に、---
ユーロ/円(EUR/JPY)が、149円台に乗せて、その後のマーケットでも、
149円台ミドルに向けて、ジリジリと上昇したことの影響が大きい、
と考えている。

---つまり、上述の、ユーロ/円(EUR/JPY)の影響、と考えています。---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(9月11日)のロンドン市場では、
ユーロ/ドル(EUR/USD)も、ユーロ/円(EUR/JPY)上昇の影響を受けて、
ユーロ/ドル(EUR/USD)の値動きとしては、上昇している。
---マーケットは、「ユーロ買いドル売り」に動いている。---

しかし、昨日(9月11日)を全体として見るならば、
ユーロ/ドル(EUR/USD)は、[1.2700]を挟んでの「持ち合い」に推移した。

東京市場では、[1.2650]を割り込むことにトライしたが、
結果的には、『完璧に』ブレイクすることが出来なかった。
いわゆる『フェイル(失敗)』を起こした。

---つまり、ユーロ/ドル(EUR/USD)は、東京市場で、
  一時、[1.2650]を割り込み、[1.2649]の安値を付けたが、
  この値動きでは、『完璧に』ブレイクした、とは言えない。---

∞∞<AD>∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
[ドル円ユーロ投資入門]
~為替のプロがやさしく教える~
□ 松田哲(Satoshi Matsuda)著 □
□ 日経BP社 □ 1,890円(税込) □

この本の感想や意見を、

カスタマーレビュー[書評]として書いてください
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞<AD>∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

FX〔外為・為替〕ブログランキング

|

« 【ドル/円は、ユーロ/ドルの影響とユーロ/円の影響を勘案する】---PS;今日(9月11日)は、“September11”---2006年09月11日Part2 | トップページ | メールマガジン【独断と偏見の為替相場】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 【ドル/円は、ユーロ/ドルの影響とユーロ/円の影響を勘案する】---PS;今日(9月11日)は、“September11”---2006年09月11日Part2 | トップページ | メールマガジン【独断と偏見の為替相場】 »