« 【テポドン2号】---真偽の程は、本当にわからない---2006年07月06日Part2 | トップページ | 【「米国雇用統計」待ちなので】---八重洲ブックセンター+カツカレー【200円】?---2006年07月07日Part2 »

2006年7月 7日 (金)

【8月3日に、ユーロ(EUR)金利は引き上げ】---ただし、今日は「米国雇用統計」待ち---2006年07月07日

2006年07月07日
【8月3日に、ユーロ(EUR)金利は引き上げ】
---ただし、今日は「米国雇用統計」待ち---

本日(7月7日)は、ニューヨーク市場で発表される「米国雇用統計」待ち。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(7月6日)は、ECB(欧州中央銀行)理事会が開催された。
昨日は、ユーロ(EUR)金利の据え置き。これは事前の予想通り。

ECB(欧州中央銀行)理事会に関しては、
2006年07月05日の【マーケット・コメント】で、
事前に以下のように、既に、取り上げた。

> 今週は、欧州中央銀行(ECB)理事会が7月6日(木)に控えている。
>
> ECBはこの理事会では、利上げを見送る---つまり、政策金利を据え置く---
> と、予想されているが、
> 『政策声明で、ユーロ(EUR)金利引き上げの姿勢が鮮明になるか?』
> に、マーケットは注目している。
>
> その場合は、8月初めに、ユーロ(EUR)金利が引き上げになる、
> といった予想(思惑)が広まることになる。
>

次回の8月3日会合を、電話会合から通常の会合に変更したこと、
声明文でも、「インフレに強い警戒が必要」と述べていること、
などから、
『政策声明で、ユーロ(EUR)金利引き上げの姿勢が鮮明になった』
と考える。

だから、次回の8月3日会合(ECB理事会)で、
ユーロ(EUR)金利引き上げが実施されることは、確実になった、
と、個人的には予想する。

当然に、これで、---昨日のECB理事会の結果で、---
マーケットでは、8月初めに、ユーロ(EUR)金利が引き上げになる、
といった予想(思惑)が広まった。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

|

« 【テポドン2号】---真偽の程は、本当にわからない---2006年07月06日Part2 | トップページ | 【「米国雇用統計」待ちなので】---八重洲ブックセンター+カツカレー【200円】?---2006年07月07日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2534725

この記事へのトラックバック一覧です: 【8月3日に、ユーロ(EUR)金利は引き上げ】---ただし、今日は「米国雇用統計」待ち---2006年07月07日:

« 【テポドン2号】---真偽の程は、本当にわからない---2006年07月06日Part2 | トップページ | 【「米国雇用統計」待ちなので】---八重洲ブックセンター+カツカレー【200円】?---2006年07月07日Part2 »