« 【読者の方からのメール紹介】2006年07月06日 | トップページ | 【8月3日に、ユーロ(EUR)金利は引き上げ】---ただし、今日は「米国雇用統計」待ち---2006年07月07日 »

2006年7月 6日 (木)

【テポドン2号】---真偽の程は、本当にわからない---2006年07月06日Part2

2006年07月06日Part2
【テポドン2号】
---真偽の程は、本当にわからない---

昨日のマーケットの主役は、北朝鮮だった。

「テポドン2号」だけではなく、
他にも数発のミサイルも発射している(らしい)が、
何だか、正確な情報を制限している(様子な)ので、
本当のところが、良く、わからない。

日本政府の発表だと、発射されたミサイルは、合計7発のようだが、
他の国の発表では、もっと多いようだ。

もちろん、こういった国防に関する情報、外交に関する情報に、
特殊性があることは、理解出来る。

手の内をさらけ出すのは、
不利になる可能性があるのだろうから仕方がない・・・。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

しかし、わからないものは、わからない。知らないことは、知らない。

そういった、不確実な状態にあることを、理解する必要がある。

今のところ、与えられた情報では、
北朝鮮のミサイルは、たいしたことがなさそうだが、
本当のところは、良く、わからない。

北朝鮮の発射したミサイルは、
日本の自衛隊が撃ち落とした、というウワサもある。

真偽の程は、本当にわからない。

テポドン2号は、アラスカを狙って発射されたが、
日本の自衛隊のミサイル迎撃システムで、撃ち落とした、
というウワサを聞いた。

---こういったことは、不確実な情報です。
  いわゆる「風説の流布」にならないように、気も使います・・・。
  しかし、そういったことも、ありそうな気もしますが、
  どうなんでしょう? 本当のところは・・・?---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

何もないだろう、と、思っていたところを、
「テポドン2号」で、不測の事態になった。

明日は、米国雇用統計もあるし、
無理をせずに、撤退、様子見という作戦もまた良し。

たいしたことは、無いだろう、という判断で、
スライトリー・ショート・キープも戦術(タクティクス)。

スライトリー・ショート・キープ作戦の場合は、無理をしないこと。
ポジションを膨らませてはいけない。

FOMCで利益をあげた場合、その利益を飛ばさないように。

今日は、ECB理事会。
ECB理事会に関しては、既に、昨日、書いた。適宜、再読してください。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

スタンスは、何も、変わっていない。
ただ、くだらない(訳のわからない)損失は、あまり、採りたくないだけだ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

PS;
時間が無いので、今日も言葉足らずです。

余談ですが、
「テポドン2号」と聞くと、藤子不二雄の「パーマン2号」を思い出します。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

|

« 【読者の方からのメール紹介】2006年07月06日 | トップページ | 【8月3日に、ユーロ(EUR)金利は引き上げ】---ただし、今日は「米国雇用統計」待ち---2006年07月07日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2519942

この記事へのトラックバック一覧です: 【テポドン2号】---真偽の程は、本当にわからない---2006年07月06日Part2:

« 【読者の方からのメール紹介】2006年07月06日 | トップページ | 【8月3日に、ユーロ(EUR)金利は引き上げ】---ただし、今日は「米国雇用統計」待ち---2006年07月07日 »