« 【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---2006年07月05日Part3 | トップページ | 【テポドン2号】---真偽の程は、本当にわからない---2006年07月06日Part2 »

2006年7月 6日 (木)

【読者の方からのメール紹介】2006年07月06日

2006年07月06日
【読者の方からのメール紹介】

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Wed, 05 Jul 2006 19:29:45 +0900
差出人: "**"
件名: Re: Part3【ユーロ/円】
---ディーリング・テクニック?---一部やっています(笑)
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

毎日楽しく拝読しでいます。

>ドル/円で、スライトリー・ショートをキープし、
>ユーロ/ドルでスライトリー・ロングをキープする。

私は ドル/円 と ユーロ/ドルをメインにしています。
その理由は、通貨ヘアの関係が単純・・・このことに尽きます。
あまり ユーロ/円(クロス円) はやりません。

>その上で、ユーロ/円で、「買っちゃ売り」「買っちゃ売り」を繰り返す。

ディーリングに充分な時間もとれないし、はっきりいって
面倒くさい(笑)ことは嫌いな性格なもんで・・・

>FOMCが終って、マーケットが落ち着いてからも、
>実際のところ、その戦術(タクティクス)は、有効だ、と、感じる。

はい!

しっかり、ドル/円で、スライトリー・ショートをキープし、
ユーロ/ドルでスライトリー・ロングをキープしています。

いずれにしても、相場に入るタイミングが難しいですね。

From **

日付: Wed, 05 Jul 2006 20:49:00 +0900
差出人: "**"
件名: Re:Part3【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

すこし趣旨が違いましたね。
先生の戦術は、あくまでユーロ・円をメインにして
ドル・円とユーロ・ドルをヘッジに使うということだと思います。
早とちりなもので、スミマセン。
悪しからずご了承ください。

From **

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Wed, 5 Jul 2006
差出人: "***"
件名: 「ディーリングテクニック?」に関して
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

「物語」様、こんにちは。***と申します。

いつもメルマガの到着を楽しみに、また大変参考に
させていただいてます。それと、以前メルマガにあった、
「フォレックスディーラー物語」出版はすすんでらっしゃいますか?
心待ちにしてます。

⇒残念ですが、いったん、頓挫しました。
 そういったことに、興味のある出版社があれば、ご紹介してください!

さてと、暫くぶりにお便りさせていただきます。
メルマガの文面から察するに、「文章がわかりづらい」とか、
「いったとおりにポジション持って損した」とか、投書があった
のかな、と考えますが、間違っていたらゴメンナサイ。

⇒いえ、一般論として、本当に、相場に勝ちたいのなら、
 そのための『有効な努力』をしないと、勝てるはずが無い。
 『無駄な努力(効果の無い努力)』は、単なる時間の浪費です。
 (自己満足には貢献するでしょうが・・・)

⇒ただ、漠然と、『勝ちたい』と願っても、
 『何もしなければ、』それは、単なる『お祈り』です。

⇒『中田(ボルトン)引退』に触発されたことの方が大きいかもしれません。
 ---中田は、すごい人だな、と、思います。
  今は、まだ若いから、年を取らないとわからないこともあります。
  頭の良い人だから、それも、いずれアウフヘーベンするでしょう。---

最近のメルマガの内容は、わたしにとって、「こんなに、
わかり易く書いてもらって、おまけに、再録まであって
いたれり、つくせりだな」と思っておりました。物語様のことば
ではありませんが、「これ以上、どうやって書け、っていうの?」
状態だと思います。もちろん、以前にも書きましたが、最初から
わかったわけでは決してありません。読み出して半年くらいは
正直意味がわかりませんでした。

⇒ありがとうございます!

ただし、メルマガの通りにポジションを持って売買するかどうかは、
読んだ方のおかれた状況、手持ち資金、これまでの自分の損益から、
自己判断しておやりになればよいことだし、
世の中絶対はない、と理解し自分なりの
相場の張り方を心得てさえいれば、その損益には納得がいくと思うのです。
自分のやり方が、まだわかってらっしゃらない方は、それが確立できるまで
小さい金額で練習したらよいのでは?とも思うのですが...

実のところ、私も今回の値動きは
それこそ「画面にしがみついて売買を繰り返す」でなければ、
ついていけないと思い(自分で判断して)、ユーロドル、
ユーロ円とも手を出しておりません。
(全然別なペアでちょぼちょぼ小遣い稼ぎです、
画面にしがみつけないもので...)

しかし、メルマガの内容から受ける考え方の有益さは、
少しも色褪せるものではない、
マーケットで生き抜いてきたプロにだけ語ることのできる、
含蓄の深い言葉ではないか、と思います。
(いつかは技術を磨いて、使いこなしたい)と思ってますが
(思っても、できない)かも知れません。
それでも、自分のやり方の確立には役立てたい、
と考えておりますので、
これからも、これまでのように変わることなく配信を
続けられることを切に願ってやみません。

⇒ありがとうございます!
 出来るだけ、がんばります!!

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

日付: Wed, 5 Jul 2006
差出人: "***"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場】2006年07月04日号Part5
---nakata.net 「Hide's Mail」転載---
“人生とは旅であり、旅とは人生である”
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

物語さん、大変ご無沙汰しています。

ひとの生き方というのは色々あるのですけれども
中田さん(呼び捨てに出来るような間柄ではありませんので
敢えてこう書いておきます)は充実した人生を送られている
のだなぁ、と羨ましく、思いました。

自分を振り返ってみてそこまで努力したのか…自己の意志の
弱さに忸怩たる思いを持ちます。

今回、どんなに叩かれても、這い上がって、上を目指して
生きたい、自分の足りなさに何時も愕然としていますが
それでもまっすぐに(でも上下左右からも)見つめながら
一歩一歩生きて行きたいという思いを強くした次第です。

p.s.
最近、多少役職が付いて時間が取れなくなってしまい
お目にかかれる機会が無くなってしまいました。
お詫び申し上げます。
そのうちまたお目に掛かれますよう。
それでは失礼します。

                   ***

日付: Wed, 5 Jul 2006
差出人: "***"
件名: Re: 【独断と偏見の為替相場】2006年07月05日号Part3
【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

物語さん

珍しく連続してメール送らせていただきます。

~前置き~

うーん、私は「たいした人生ではなかった」と思っていますけど
「たいした人生だった」と思ってみせたいとは思ってます。
将来の予想として「たいした人生ではなかったと思うだろう」というのは
あるかもしれませんが・・・またたいした人生だったなんて思ったら
その瞬間に前進する力が無くなるでしょうから実際の所思うべきでも
ないのでしょうけれども、でも、それでも「たいした人生だった」と思って
みせたいと思っています。
ひねくれてますかね。

~前置きおわり~

>しかし、この戦術(タクティクス)を使いこなすには、
>かなりの技量が求められる。
>集中力と決断力と言い換えても良い。
>そして、何よりも、求められるものは、時間だ。

経験と決断と集中。日計りなら必須の要素でしょうね。
でも流石にそんな時間は一般人には取れません。
ですから最近はええっ?と思う瞬間にたまたま相場を
見ているかその日ええっ?と思うに違いないレベルに
到達した後ポジションを持ったりします。

よく集中力が極めて要求される取引をやっている人物を
掲示板とかで見かけますが本当に大丈夫かなといつも
思います。こう言うケースはポジション持った後逃げる
のが本当に難しいと思いますから…

私はノンビリ構えています。かつそれがお奨めだと
思っています。のんびり構えられないポジションは
そもそも持ってはいけないだろうと思っています。

                    ***

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

|

« 【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---2006年07月05日Part3 | トップページ | 【テポドン2号】---真偽の程は、本当にわからない---2006年07月06日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2519605

この記事へのトラックバック一覧です: 【読者の方からのメール紹介】2006年07月06日:

« 【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---2006年07月05日Part3 | トップページ | 【テポドン2号】---真偽の程は、本当にわからない---2006年07月06日Part2 »