« 何をいまさら(東京時間15:00を過ぎて)・・・、という感もありますが・・・(まあ、念のため)---【マーケット・コメント】2006年07月05日Part1 | トップページ | 【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---2006年07月05日Part3 »

2006年7月 5日 (水)

『読者数が減りませんように!!』 (^0^)/♪---【ちょっと苦言】2006年07月05日Part2

2006年07月05日Part2
【ちょっと苦言】
---『読者数が減りませんように!!』 (^0^)/♪---

ちょっと苦言を呈します。

---こういった苦言を述べると、読者数が激減します・・・。
  過去にも、何回か、そういうことがあって、
  多くの読者の方々にとって、
  『面倒くさいこと』『耳に痛いこと』を書くと
  メールマガジンの登録を解除する方が増えるのでしょう・・・。---

---しかし、これも、私の性格なのでしょう・・・
  最初に、お断りをしておきますが、
  せっかくですから、多くの人たちに、読んで頂きたい、
  と、心より、思っています。---

---また、これも、お断りをしておきますが、
  私は、自身、
  それ程『傲慢(ごうまん)』『不遜(ふそん)』ではありません。
  「ポジション・トーク」ではないと思うのですが・・・。

  自分だけが正しい、とは考えもしませんし、
  自身、それ程偉いなどとは、残念ながら、思えないのです。

  もっと、はっきり言えば、
  我ながら、残念ですが、「たいした人生ではなかった」
  と、思っています・・・。---

---ただ、まだ、終わっていません。
  「人生、これからだ!」と、希望を持って生きていますし、
  死ぬまで「これからだ!」と、思い続けて、
  かつ、「たいした人生ではなかった」と、思い続けるのだろう、
  と、推量しています。(自分のことなのですが・・・)---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

前置きは、さておき、

マーケット(外国為替相場)に関しては、書くべきことは、
なるべく、事前に書いています。

何故なら、事後に、
「あの時は、こうだった、ああだった・・・」
と言われても、(述べても、)意味が無いことだ、と考えているからです。
---マーケット(相場)では、意味が無いことだ、と考えています。---

ところが、読者の方々は、
『今、目の前に起こっていること』ばかりに意識が行って、
その結果、右往左往します。

こういったケースならば、このように対応し、
別のケースならば、別の対応の仕方があると、
事前に、想定しておかなければ、対処できるはずがないのは、当然です。

♯♯♯♯♯♯

ピッチャーが、ボールを投げて、バッターがそのボールを打ち返す。
そのバッターの立場で、考えてください。

ボールを打つのだから、
確かに、ホームベース上に来た(来る)ボールを見れば、(凝視できれば、)
理屈の上では、ボールを打てるはずです。

しかし、そんなものでしょうか?

これは、『詭弁(きべん)』です。それは、わかっています。

ただ、多くの読者が見ているのは、
「ホームベース上に来たボール」に過ぎないのです。

ピッチャーを見て、その投球動作を見て、そして、もちろん、
そのピッチャーのクセや、投球のセオリーなどを勘案して、
バッターボックスに立たなければ、ヒットを打てるはずがない。

しかも、ピッチャーの投げるボールは『生きている』のです。
だから、物理的に、ホームベース上にあるボールを打つのとは違います。

でも、ボールが『生きているはずがない』ことも事実です。
『ボール』は、『生き物(生物)』ではなく、
単なる『物(物質)』に過ぎないことも、また、事実です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

FOMCの前に、以下のように述べた。

過ぎたことだから、もう関係ないのではなく、
どのように対処するのか、を考えると、
過去のコメントの方が実証性があることに気が付いて欲しいのです。

別に、面白半分で、書いている訳ではないのです・・・。

(以下、一部引用)

> 2006年06月29日
> 【『FOMC の結果待ち』】
> ---『悪を知らずして、悪をとらえることなぞ出来るか!』---
>
> FRB(連邦準備制度理事会)が政策判断を発表するのは、
> 6月29日の米国東部時間午後2時15分
> ---日本時間6月30日午前3時15分---。
>
> 今週のマーケット(外国為替市場)は、基本的に、『FOMC の結果待ち』。
> 特に、述べることも無いし、書くべきことは既に書いた。
>
> ---こと直前になって、いまさら考えても仕方ないし、
>   大方のアイデアは既に出ている。奇を衒う必要は無い。---
>
> ---準備が終わり、覚悟が決まったら、
>   あとは、静かに、結果を待つのみ。---
>
> 事前に、スケジュールの分かっている、いわゆる「お決まりのイベント」は、
> いつも、こんなものです。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
>
> ---以下の文章も、昨日に書いたものの焼き直しです。
>   全く奇を衒わない、オーソドックスな意見に過ぎません。---
>
> ---しかし、
>   いわゆる「メジアン(中心的な普通の一般的な考え方)」を知らずして、
>   マーケットを読むことは出来ません。---
>
> ---「鬼平犯科帳(池波正太郎 著)」の長谷川平蔵をして、
>   『悪を知らずして、悪をとらえることなぞ出来るか!』
>   と、言わしめたようなものでしょう。---
>
> ---つまり、最初から、奇策(奇抜なアイデア)に走るのではなく、
>   一般的な普通の考え方も充分に理解した上で、対応する。---
>
> ---そして、突飛なことが起きても、(敵が奇策で来ても、)
>   そのパターンも事前に想定しておく。
>   準備おさおさ怠りが無い、といった状態にしておくことです。---
>
> ---「そうならなかったら、どうするのですか?」
>   といったご質問を頂きそうです。
>   「そんなときは、逃げるに如かず」
>   と、即座に、お答えしましょう!---
>
(以下、省略)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

|

« 何をいまさら(東京時間15:00を過ぎて)・・・、という感もありますが・・・(まあ、念のため)---【マーケット・コメント】2006年07月05日Part1 | トップページ | 【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---2006年07月05日Part3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2509571

この記事へのトラックバック一覧です: 『読者数が減りませんように!!』 (^0^)/♪---【ちょっと苦言】2006年07月05日Part2:

« 何をいまさら(東京時間15:00を過ぎて)・・・、という感もありますが・・・(まあ、念のため)---【マーケット・コメント】2006年07月05日Part1 | トップページ | 【ユーロ/円】---ディーリング・テクニック?---2006年07月05日Part3 »