« 【6月29日に、ドルを売って、FOMCを待つ作戦?】---[2006年06月26日号Part2]を再送---2006年06月30日 | トップページ | 【読者の方からのメールをご紹介】2006年06月30日Part3 »

2006年6月30日 (金)

【FOMC発表と同時に「ドル売り」】---金利と為替は違う/きちんとした知識が必要---2006年06月30日Part2

2006年06月30日Part2
【FOMC発表と同時に「ドル売り」】
---金利と為替は違う/きちんとした知識が必要---

昨日(6月29日)のニューヨーク市場では、FOMCの発表があった。

FRB(連邦準備制度理事会)が政策判断を発表したのは、
6月29日の米国東部時間午後2時15分---日本時間6月30日午前3時15分---。

FOMCの発表直後から、ドルは急落を始めた。

---FOMCの発表直前のドル/円(USD/JPY)のレベルは、[116.10-20]。
  発表と同時に、「ドル売り」炸裂、一気に、[114.85]まで急落した。
  120ポイント以上の急落。---

---FOMCの発表直前のユーロ/ドル(EUR/USD)のレベルは、[1.2525-35]。
  発表と同時に、「ドル売り」炸裂、一気に、[1.2668]まで急騰した。
  130ポイント以上の急騰。---

こういった値動きに、納得がいかない市場参加者も多いのではないか?
と、感じます。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

正直なところ、個人的には、
『(思惑通り!)ヤッタァー!』
『そーだろう!そーなんだよ!こうなるはずなんだよ!予定通り!』
といった気持ちです。
(^0^)/♪

---先ほど、配信した本日のメールマガジンをご覧ください。---
---若干、ポジショントーク気味かな・・・、
  と自覚していますが・・・。(^0^)/♪---

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

一昨日、昨日(6月28日、29日)に行われた
FOMC(Federal Open Market Committee:連邦公開市場委員会)では、
FF金利(フェド・ファンド・レート:政策金利)の誘導目標を、
[0.25%]引き上げ、[5.0%]から[5.25%]にする、と発表した。

FRB(連邦準備制度理事会)が政策判断を発表したのは、
6月29日の米国東部時間午後2時15分---日本時間6月30日午前3時15分---。

このドル金利の[0.25%]の引き上げは、広くマーケットで予想されていた通り。
---メイン・シナリオの通り---

注目されていたFOMCの声明文では、

FRB(連邦準備制度理事会)のスタンスは、当面のところは、
これまでのドル金利引き上げの効果を見守る。
--つまり、ドル金利引き上げを、当面は中断する----

といった内容。

---この内容も、マーケットは、オーバーシュートしていましたが、
  冷静に見れば、「メイン・シナリオの通り」です。
  ドル金利の引き上げに、過剰の反応を示していた印象です。---

もちろん、米国の金融政策は、
今後発表される「米国経済指標」次第であることに変わりは無い点に、
留意する必要があります。

換言すれば、
今回の利上げも、このところ発表された「米国経済指標」で、
インフレ懸念が高まり、
急遽、さらなる[0.25%]の引き上げが促された、
ということを忘れるべきではない。

マーケットは、オーバーシュートしやすいので、
---過度に流れやすい・調子に乗りやすいので、---
今回も、
大幅な利上げ([0.5%]の利上げ)や、
さらなる追加利上げを、事前に見込む向きもあった。

しかし、前回の利上げのときに、
今後の金融政策は「米国経済指標」次第である旨のコメントを行っている。

金融政策は、こういった一連の流れを読み取るべきで、
毎回、毎回、単発的に、右顧左眄して、右往左往しても、判断を誤るだけだ。

金融政策は、「今度は利上げだ」「今度は利下げだ」とは、もともとならない。

---外国為替だけを取引してきた市場参加者は、
  金利を為替のように考える人も多い。
  上がったのだから、今度は下がるだろう、とか、
  下がったら上がる、といった感覚が強い。
  そういったコメントが、大手を振って、まかり通っている気がする。
  金利と為替は違う。もっと、きちんとした知識が必要だ、と思う。---

前回のFOMCの際に、
今後は、『利上げ or Stay(そのまま)』になるのは分かっていたはずだ。

だから、米国の金融政策は、
今後発表される「米国経済指標」次第であることに変わりは無い点に、
留意する必要があるのだ。

今回(6月28日、29日)のFOMCでは、
利上げ期待感がオーバーシュートしていたので、
[0.5%]の引き上げの思惑や、さらなる追加利上げの思惑が、
マーケットに流布していた。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪

その調整があるだろう、と考えていたのは、以下の通り。
(先ほどのマールマガジンで配信した通り)

> 6月28日、29日以降は、当面、ドル金利の話題は沈静化するのではないか、
> と考えている。
>
> それで、FOMCの発表は、その瞬間から、
> 「ドル売りの材料」になるのではないか、と考えている。
>

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

外国為替ブログナビ にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング FC2 Blog Ranking ブログランキング

|

« 【6月29日に、ドルを売って、FOMCを待つ作戦?】---[2006年06月26日号Part2]を再送---2006年06月30日 | トップページ | 【読者の方からのメールをご紹介】2006年06月30日Part3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2440911

この記事へのトラックバック一覧です: 【FOMC発表と同時に「ドル売り」】---金利と為替は違う/きちんとした知識が必要---2006年06月30日Part2:

« 【6月29日に、ドルを売って、FOMCを待つ作戦?】---[2006年06月26日号Part2]を再送---2006年06月30日 | トップページ | 【読者の方からのメールをご紹介】2006年06月30日Part3 »