« 今日は、ユーロ(EUR)の利上げ?---【マーケット・コメント】2006年06月08日 | トップページ | 【亜細亜大学「現代金融市場論」】---「ヘッジ・ファンド」とは、何か?---2006年06月09日Part2 »

2006年6月 9日 (金)

ユーロ(EUR)は、予想通りに[0.25%]利上げ---【マーケット・コメント】2006年06月09日

2006年06月09日【マーケット・コメント】
---ユーロ(EUR)は、予想通りに[0.25%]利上げ---

昨日(6月8日)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
113円台ミドルでオープン。

---東京市場のオープン(寄り付き、寄り値)は、東京時間午前9:00、
  東京市場のクローズ(終値)は、東京時間午後5:00と考えています。---

このところのマーケット(外国為替市場)では、
6月28日・29日のFOMC(連邦公開市場委員会)で、
ドル金利引き上げの思惑が広まっており、
一昨日(6月7日)のニューヨーク市場でも、
そういったFRB関係者のコメントが、話題を呼んだ。

ドル堅調地合いを引き継いでの東京市場オープンだった。

東京市場の時間帯は、そのまま地合いを継続。
ジリジリとドルが買われ、東京市場では、[114.00]に迫る流れ。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

昨日(6月8日)は、ECB(欧州中央銀行)理事会で、
ユーロ(EUR)の政策金利が引き上げられるだろう、と予測されていた。

そのことは、昨日(6月8日)のメールマガジンで書いたので、
そのまま引用する。

> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 本日(6月8日)のECB(欧州中央銀行)の理事会で、
> ユーロ(EUR)の政策金利が引き上げられる、といったコンセンサスがある。
>
> 現在の、[2.5%]から、[0.25%]の引き上げが実施されて、[2.75%]になる、
> といった予測が主流。
>
> 現在の、[2.5%]から、[0.5%]の引き上げが実施されて、[3.0%]になる、
> といった予測もある。
>
> 夏の終わりまでに、トータルで[0.5%]の利上げを実施する、
> といった予測が主流。
>
> いずれの考え方にせよ、
> 本日(6月8日)ユーロ(EUR)の利上げが実施されても、
> ユーロ(EUR)金利の上昇傾向は継続する。
> ---たとえ、[0.5%]の利上げが実施されても、
>   ユーロ(EUR)金利の上昇傾向は継続する、
>   と、考えている。---
>
> トリシェECB総裁の発言には、注目している。
> ---同氏は、「名演技者」なので、
>   表層だけを見るのではなく、その向こう側(内側)に潜む、
>   真意を汲み取る努力が必要だ。---
>
> ECBやトリシェ氏の立場や行動パターンから見ると、
> 今日のところは、現在のユーロ(EUR)の政策金利を、
> [2.5%]から、[0.25%]の引き上げて、[2.75%]とし、
> 夏の終わりまでに、さらに[0.25%]の利上げを実施する、
> と考えるのが穏当だろう。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ECBはマーケット(市場)の予想通りに、
政策金利を[0.25%]引き上げ、[2.75%]とした。

個人的には、思惑通りに、やはり、『穏当な』結論を選んだ、といった印象。

上記のように、
理事会後の記者会見でのトリシェECB総裁のコメントが注目されていたのだが、
ECB(欧州中央銀行)の先行きの金融政策について、特段の発言は無かった。

ユーロ(EUR)の[0.25%]の引き上げで、特段のコメントが無かったことは、
[0.5%]の利上げを期待していた向きからすると、
『期待はずれ』の印象だったようだ。

ECBの利上げ発表直前は、
[1.2750]アラウンドに推移していたユーロ/ドル(EUR/USD)は、
100ポイント以上急落して、[1.2620-30]レベルを付けた。

その後のユーロ/ドル(EUR/USD)は、
[1.2650]を挟んで、20~30ポイントの持ち合い調整。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ユーロ/ドル(EUR/USD)の急落で、『ドル買いユーロ売り』となったことから、
ドル/円(USD/JPY)も、『連れて、ドル買い』に反応した。

[114.00]を上に抜けると、ストップ・ロス(損切りのドル買い)を巻き込み、
[114.65-75]レベルに急騰した。

この時点で、ニューヨーク市場の朝方。
その後は、ダラダラと下げて、ポジション調整。
ニューヨーク・クローズは、[114.10-15]レベル。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

この他のトピックスとして、各国中央銀行でも金融政策の発表があった。

BOE(英中銀イングランド銀行)は、
金融政策決定会合において政策金利(レポ金利)を[4.50%]に据え置きを決定。
これは、マーケットの予想通り。

南アフリカ準備銀行は、政策金利を[0.5%]引き上げ[7.5%]とした。

韓国中央銀行はオーバーナイト物コール金利を、
[0.25%]引き上げ[4.25%]とした。

ニュージーランド準備銀行は、[7.25%]の政策金利を据え置いた。
(マーケットは利下げを期待していた)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

もうひとつのトピックでは、イラクで、
テロ組織の指導者ザルカウィ容疑者を、空爆により殺害した、
といったニュースがあった。

このニュースで、原油価格が下落した。
このニュースは、為替には関係しない、と、個人的には考えている。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

FC2 Blog Ranking

|

« 今日は、ユーロ(EUR)の利上げ?---【マーケット・コメント】2006年06月08日 | トップページ | 【亜細亜大学「現代金融市場論」】---「ヘッジ・ファンド」とは、何か?---2006年06月09日Part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2140563

この記事へのトラックバック一覧です: ユーロ(EUR)は、予想通りに[0.25%]利上げ---【マーケット・コメント】2006年06月09日:

« 今日は、ユーロ(EUR)の利上げ?---【マーケット・コメント】2006年06月08日 | トップページ | 【亜細亜大学「現代金融市場論」】---「ヘッジ・ファンド」とは、何か?---2006年06月09日Part2 »