« 【新宿の「しゃぶしゃぶ店」】2006年06月19日号Part4 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】2006年06月20日Part2 »

2006年6月20日 (火)

「テポドン2号」は、漠然と「円売り」の材料---【マーケット・コメント】2006年06月20日

2006年06月20日【マーケット・コメント】
---「テポドン2号」は、漠然と「円売り」の材料---

昨日(6月19日)週明け月曜の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
115円台前半程度([115.30]アラウンド)でオープンした。

---東京市場のオープン(寄り付き、寄り値)は、東京時間午前9:00、
  東京市場のクローズ(終値)は、東京時間午後5:00と考えています。---

昨日(6月19日)の値動きは、
東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場を通して、終日、小動きだった。

概して言えば、[115.50]を挟んで、20~30銭で推移した。
「ドル高値の持ち合い相場」を形成した。

ドル堅調ながらも、このところの高値圏であり、
115円台ミドルの水準から、ドルを買って行くのにも、
市場参加者のためらいが見られる。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

これといった経済指標の発表もなく、市場参加者も手が出ない状態。

そういった中で、
北朝鮮の長距離弾道ミサイル「テポドン2号」の発射実験が
実施される可能性がある。

これは、「円売り」の材料になっている。

「テポドン2号」に関しては、
日本も米国も、その情報を充分に開示していないので、
個人的には、良く分からない。

発射されれば、危険が高いのだろうが、
「何が、どのように危険なのか?」
はっきりしない。

外交戦略上の機密なのだろうが、良く分からないものは、単に、分からない。

ミサイルには、何も搭載されていないのだろうか?
---つまり、単に、ロケット(ミサイル)を飛ばすだけなのだろうか?---

どこに向けて、飛ばすのだろうか?
---それくらいは、米国の諜報機関は、知っているのではないか?
  日本の諜報機関は、知っているのだろうか・・・?
  と、いった程度に、不安である・・・。---

だから、
「テポドン2号」は、漠然と「円売り」の材料で良いのだろうが・・・。

---もうちょっと、
  怖いイメージを髣髴させるネーミングにして欲しかった・・・。
  『テポドン』と聞いて、
  何となく、こっけいな音の響きを感じるのは、私だけだろうか?
  
  「天才バカボン」とか、
  古典落語に出てくる「○○どん」(人の名前)、
  例えば、「田吾作どん」とか、脈絡も無く、思い起こしてしまう。

  無論、こういった兵器、特に大量破壊兵器を
  バカにするつもりも無いし、
  これから、この兵器で、何かしらの、危害が発生すれば、
  『テポドン』が強い恐怖のイメージを持つことになるのだろう。

  何ごとも、起こらないことを願っていますが・・・。---

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

FC2 Blog Ranking

|

« 【新宿の「しゃぶしゃぶ店」】2006年06月19日号Part4 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】2006年06月20日Part2 »

コメント

気になったので調べてみました。

テポドンは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が開発した弾道ミサイル。「テポドン」とはこのミサイルが確認された地名からアメリカがつけたコードネームであり、北朝鮮側では「白頭山1号(ペクトゥサン イルホ)」とよばれている。

だそうです。これじゃぁしょうがないですね。でもこれ、アメリカの西海岸やアラスカにも届くらしいんで、日本だけの危機ではないんですよねぇ。

投稿: | 2006年6月20日 (火) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2300840

この記事へのトラックバック一覧です: 「テポドン2号」は、漠然と「円売り」の材料---【マーケット・コメント】2006年06月20日:

« 【新宿の「しゃぶしゃぶ店」】2006年06月19日号Part4 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】2006年06月20日Part2 »