« 「テポドン2号」は、漠然と「円売り」の材料---【マーケット・コメント】2006年06月20日 | トップページ | 【マーケット・コメント】2006年06月21日 »

2006年6月20日 (火)

【読者の方からのメール紹介】2006年06月20日Part2

2006年06月20日Part2【読者の方からのメール紹介】

【独断と偏見の為替相場】2006年06月19日号Part3
【プライベート・トーク(2)】---喪に服します・・・---

に、メールを頂きました。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日付: Mon, 19 Jun 2006
差出人: "******"
件名: 宿沢さん。
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

宿沢さんは、私の記憶では小さな体を俊敏に動かす
日本人らしいプレーヤーだったと記憶します。

イギリスに遠征したとき、”こまねずみのような”プレーと絶賛され、
その報道を聞いて、うれしい気持ちになりました。

私の記憶中では、永遠に生き続けます。

神奈川県****市  ******

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日付: Mon, 19 Jun 2006
差出人: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>
件名: Re: 宿沢さん。
宛先: "******"

******さま

メールありがとうございます!

このところ、宿沢さんには、
テレビでしかお会いしていませんでしたが、
ラグビーの解説を見るたびに、お元気なんだ、
と思っていました。

小柄ですが、エネルギッシュなスポーツマンでした。

正直なところ、ショックです。

本当に、メールありがとうございます。

取り急ぎ、
松田哲

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

本日のコメントに、以下のように書いたところ、

フォレックス・ディーラー物語[ブログ]
⇒ http://forexdealer.cocolog-nifty.com/

に、コメントを頂きました。そちらもご紹介します。

> ---もうちょっと、
>   怖いイメージを髣髴させるネーミングにして欲しかった・・・。
>   『テポドン』と聞いて、
>   何となく、こっけいな音の響きを感じるのは、私だけだろうか?
>   
>   「天才バカボン」とか、
>   古典落語に出てくる「○○どん」(人の名前)、
>   例えば、「田吾作どん」とか、脈絡も無く、思い起こしてしまう。
>
>   無論、こういった兵器、特に大量破壊兵器を
>   バカにするつもりも無いし、
>   これから、この兵器で、何かしらの、危害が発生すれば、
>   『テポドン』が強い恐怖のイメージを持つことになるのだろう。
>
>   何ごとも、起こらないことを願っていますが・・・。---
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

[コメント]

気になったので調べてみました。

テポドンは朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が開発した弾道ミサイル。
「テポドン」とはこのミサイルが確認された地名から
アメリカがつけたコードネームであり、
北朝鮮側では「白頭山1号(ペクトゥサン イルホ)」とよばれている。

だそうです。
これじゃぁしょうがないですね。
でもこれ、アメリカの西海岸やアラスカにも届くらしいんで、
日本だけの危機ではないんですよねぇ。

投稿 | 2006/06/20 12:42:05

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

FC2 Blog Ranking

|

« 「テポドン2号」は、漠然と「円売り」の材料---【マーケット・コメント】2006年06月20日 | トップページ | 【マーケット・コメント】2006年06月21日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2303134

この記事へのトラックバック一覧です: 【読者の方からのメール紹介】2006年06月20日Part2:

« 「テポドン2号」は、漠然と「円売り」の材料---【マーケット・コメント】2006年06月20日 | トップページ | 【マーケット・コメント】2006年06月21日 »