« 用語解説【ヘッジ・ファンド】(Hedge Fund) | トップページ | 勝負事は、「ゲタを履くまでワカラナイ」---【マーケット・コメント】2006年06月13日 »

2006年6月12日 (月)

今日の最大のイベントは、「W杯日豪戦」---【マーケット・コメント】2006年06月12日

2006年06月12日【マーケット・コメント】
---今日の最大のイベントは、「W杯日豪戦」---

今日(6月12日)の最大のイベントは、
ワールド・カップ(サッカー)の「日本対オーストラリア戦」だろう!!
「ガンバレ日本!!」

♪♪♪♪♪♪♪♪

先週末(6月9日金曜)の東京市場のドル/円(USD/JPY)は、
[114.00]アラウンドでオープンした。

その前日(6月8日)のニューヨーク市場では、
ドル金利のさらなる継続的利上げの思惑などを材料に、
[114.70]アラウンドの高値を示現している。

その高値を付けた後でのポジション調整で、
[114.00]近辺になだらかに下がって来て段階での東京オープンだった。

東京市場の終日、そして、ロンドン市場の午前中とは、目だった動きも無く、
113円台後半から114円台に乗せた辺りでの小動きだった。

♪♪♪♪♪♪♪♪

ニューヨーク市場で発表された米国貿易収支は以下の通り。

米国貿易収支(4月)
結果:△634.3億ドル
予想:△655億ドル
前月:△618.6億ドル(改定値)

事前予想よりも赤字が少なかったことから、
マーケットは「ドル買い」に反応した。

ドル/円(USD/JPY)は、
113円台後半から、[114.25-35]レベルに上昇した。

ユーロ/ドル(EUR/USD)は、
1.26台ミドルから、[1.2600]アラウンドに下落した。

しかし、週末を控えて、すぐに、そのリバウンドが起こり、
ドル/円(USD/JPY)は、113円台後半に戻した。
ユーロ/ドル(EUR/USD)も、1.26台ミドルに戻している。

そして、そのまま、ニューヨーク・クローズ。

♪♪♪♪♪♪♪♪

週末のG8では、特段には、為替に関するコメントが無かった。

♪♪♪♪♪♪♪♪

別に、冗談や、いい加減な面白半分で、言っているのではなく、
今日(6月12日)の最大のイベントは、
ワールド・カップ(サッカー)の「日本対オーストラリア戦」だろう!!

日本が勝つと、「円買い」、負けると、「円売り」の
きっかけになる可能性も無いとは言えない。
---今回は、そんなことは無いだろう、とは思うものの・・・。---
---本来、そんなことは、ファンダメンタルズから見れば、『変』なのだが、
  過去に、市場参加者の『思い』『気持ち』で、
  マーケット(相場)が振れることも、実際にあった。---

たぶん、今回のワールド・カップ(サッカー)を材料に、
具体的に、その対戦国で売買を行うことはないだろう、と見ていますが・・・。
---今日のゲーム(試合)で、豪ドル/円(AUD/JPY)を、
  わざわざ売買する市場参加者は、いないだろう、
  と思っていますが・・・。---

今のところ、対戦国では、順当に、強豪国が勝っている印象だ。
---番狂わせ的なゲーム(試合)は、今のところ無い・・・。
  順当に行けば、日本の方が世界ランクは上位なのですが・・・。---

「ガンバレ日本!!」

---月並みなのですが、当然、日本を応援しています!!
  なんとか、1次リーグを突破して欲しい!!---

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

FC2 Blog Ranking

|

« 用語解説【ヘッジ・ファンド】(Hedge Fund) | トップページ | 勝負事は、「ゲタを履くまでワカラナイ」---【マーケット・コメント】2006年06月13日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2183451

この記事へのトラックバック一覧です: 今日の最大のイベントは、「W杯日豪戦」---【マーケット・コメント】2006年06月12日:

« 用語解説【ヘッジ・ファンド】(Hedge Fund) | トップページ | 勝負事は、「ゲタを履くまでワカラナイ」---【マーケット・コメント】2006年06月13日 »