« 【外国為替相場の予想レンジ】---中心レートは、その時点のマーケット・レートに収束する---2006年06月06日Part2 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】---自分では、自身の間違いに気が付かないものです・・・---2006年06月07日 »

2006年6月 6日 (火)

FXは世の中の役に立っている---【読者の方からのメール紹介】2006年06月06日Part3

2006年06月06日Part3【読者の方からのメール紹介】
---FXは世の中の役に立っている---

読者の方からのメールをご紹介します。

---頂いたメールに関して、ほとんど、文章には手を加えていませんが、
 プライバシーの部分と、段落、呼称などの一部だけ、修正しています。---

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

******さま

メールありがとうございます!
しっかりと読みました。

お返事をするよりも、そのまま、紹介した方が良いかな・・・?
と考えて、そうすることにしました。

物語 拝

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日付: Mon, 5 Jun 2006
差出人: "******"
件名: FXは世の中の役に立っている
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

物語 様

初めまして。 
FX2年生の、****** と申します。
以下に、好き勝手書いております。
お時間があるときに読んでいただければ幸いです。

哲学が感じられる物語さんの記事を、
いつも興味深く拝見しております。
『基本とカラクリがよ~くわかる本』収録のコラム
『有事のドル買い』での次のコメントなど素晴らしいと思いました。

「・・・私は、“ただ勝てばよい”とだけ思っているわけではありません」

さて、
「外国為替取引を行うことは。世の中の役に立っているのだろうか?」
というテーマですが、私の答えは、「Yes」です。

「市場の流動性を維持するスペキュレータ。
その端くれとして私が存在していることには意味がある」

教科書的に捉えるとこうなります。

が、本音のところでは、
「今のライフスタイルを保つためには、外国為替取引が必要だ」
と、なります。

親の介護のために会社勤めを辞めざるを得なかった私には、
パソコンさえあれば、自宅で、自分の都合のいいときに
行うことができる外国為替取引は恰好の仕事なのです。

毎日、病院に通って食事の介助をしながらでも出来る仕事。

私と同じような境遇の方がかなりいらっしゃると思います。

ですから、この一面だけを見ても、「世の中の役に立っている」とは、
言えないでしょうか。

論点が少々ずれました。

従事している仕事が世の中のためになっているのかどうかは、
きわめて個人的な、偏った思い込み、という側面もありますね。

極端な例ですが・・・
談合で不正に受注した橋梁や道路の工事。
真相を知らされていない一社員、一従業員にとっては、大儀のある仕事です。
関係会社や協力会社にとっては、なおさらです。
地域をよくするためにやっている仕事だと疑う余地などないでしょう。

俯瞰してみれば、一部の利権のためであったとしても、
局所的、個人的には、世の中のためになっている仕事になっている。
こういうふうな考えもあると思います。

以上、長々と失礼致しました。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

FC2 Blog Ranking

|

« 【外国為替相場の予想レンジ】---中心レートは、その時点のマーケット・レートに収束する---2006年06月06日Part2 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】---自分では、自身の間違いに気が付かないものです・・・---2006年06月07日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2098820

この記事へのトラックバック一覧です: FXは世の中の役に立っている---【読者の方からのメール紹介】2006年06月06日Part3:

« 【外国為替相場の予想レンジ】---中心レートは、その時点のマーケット・レートに収束する---2006年06月06日Part2 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】---自分では、自身の間違いに気が付かないものです・・・---2006年06月07日 »