« 【修正・調整局面のボックス相場】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part2 | トップページ | 相変わらず・・・・---【マーケット・コメント】2006年06月01日 »

2006年5月31日 (水)

【読者の方からのメール紹介】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part3

2006年05月31日Part3【読者の方からのメール紹介】
---労多くして益少なし---

日付: Wed, 31 May 2006
差出人: "****"
件名: Re:【独断と偏見の為替相場】2006年05月31日号Part2
     【修正・調整局面のボックス相場 】---労多くして益少なし---
宛先: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>

物語先生

いつも大変お世話になっております。
****です。

メールマガジンにて毎日勉強させて頂いてます。

本日のメールマガジンはとても参考になりました。

今回のメルマガでは手法まで丁寧に書かれており、
今後の参考にさせて頂きたいと思います。

なにより、

> オペレーション(操作)が、難しい割りに、たいして、利益に結びつかない。
> ---要するに、労多くして益少なし。---
> <省略>
> 右往左往して、『自分だけ上手くやろう』としても、
> そうそう問屋は卸してくれないものなのです。

まったくその通りなんですね。

どうしても自分の思惑通りに行かない事が続くと、
弱気の虫がでてきてしまうのですが、
根気良く丁寧に続けるしかない!という事ですよね。

なかなかうまく行かず弱気になる時は、
メルマガを思い出して根気良く相場と付き合って行こうと思います。

できれば苦労少なく付き合って行きたいものですが(笑)

今後ともメルマガ楽しみにしております。
宜しくお願い致します。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

日付: Wed, 31 May 2006
差出人: "物語" <forexdealer@infoseek.jp>
件名: Re: Re: 【独断と偏見の為替相場】2006年05月31日号Part2
     【修正・調整局面のボックス相場】---労多くして益少なし---
宛先: "****"

****さま

メールありがとうございます!!

全く、マーケット(相場)と付き合うのは、
『「性悪女」と付き合うが如し』
といったところです・・・。

---決して、『女性に対するハラスメント』や『女性蔑視』ではなく、
  『自分の意のままにはならないこと』の『たとえ』です。---

---他の『たとえ』ならば、後白河法皇の言葉に有名なものがあります。
  『朕の意のままにならぬは、山法師と双六の賽に加茂川の水』
  『たとえ』て言うならば、『マーケット(相場)』は、
  『双六の賽』の代表のようなものでしょう。---

ご紹介方々、いただいたメールを、メールマガジンにて配信いたします。
ご了承ください。

◆◆━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 松田 哲
 【フォレックス・ディーラー物語】
 http://www.d4.dion.ne.jp/~smatt/
 メール:forexdealer@infoseek.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆◆

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

|

« 【修正・調整局面のボックス相場】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part2 | トップページ | 相変わらず・・・・---【マーケット・コメント】2006年06月01日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2014396

この記事へのトラックバック一覧です: 【読者の方からのメール紹介】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part3:

« 【修正・調整局面のボックス相場】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part2 | トップページ | 相変わらず・・・・---【マーケット・コメント】2006年06月01日 »