« 現在は修正・調整局面の乱高下---2006年05月31日Part1【マーケット・コメント】 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part3 »

2006年5月31日 (水)

【修正・調整局面のボックス相場】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part2

2006年05月31日Part2【修正・調整局面のボックス相場】
---労多くして益少なし---

2006年05月31日Part1からの続き)

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

ドル/円(USD/JPY)の値動きは、
目先、振幅(値幅)が、相対的に、小さくなって来ている。
これは、マーケット(相場)が煮詰まってきているだけで、
次に、『放れる』時には、注意を要する。

どちらに『放れる』のか、予断を許さない、といったところ。

ただし、
目先で上に『放れる』場合のチャート・ポイントは、
[113.00]あるいは[113.40]だが、こちらを付ける場合は、
それ程、大した値動きではない、と考えている。
---その場合は、上昇しても、たかが知れている、と考えている。
  [113.00]あるいは[113.40]を付けた後で、
  ドルが反転急落するような値動きになる場合は、
  最大限の注意を要する---

目先で、単に下に『放れる』場合のチャート・ポイントは、
目先の弱いチャート・ポイント[111.50]アラウンド、
目先の弱いチャート・ポイント[111.00]アラウンド、
目先の弱いチャート・ポイント[110.50]アラウンド、
と断続的にあるが、こちらに向かう方がやり難い。

ドル売り(ドル・ショート)で戦う場合でも、
目先の弱いチャート・ポイントの手前で、マメに利食い、
---ちゃんと、真面目にドル買戻しを行い、---
目先の弱いチャート・ポイントを割り込むようならば、
ドル売り(ドル・ショート)で追従する、
といった、『面倒臭い』オペレーションを採るしかない。

ポジションも大きく取る訳にもいかず、
オペレーション(操作)が、難しい割りに、たいして、利益に結びつかない。
---要するに、労多くして益少なし。---

しかし、それこそが、『現在が修正局面・調整局面にある』という証左。

『修正局面・調整局面』の『ボックス相場(レンジ相場)』は、
毎度のことながら、あまり『儲かる相場』では無いのです。

右往左往して、『自分だけ上手くやろう』としても、
そうそう問屋は卸してくれないものなのです。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

5月中旬に以下のように述べた。
現在のマーケット(相場)に、引き直して、再読して欲しい、と思います。

---そのままでは、現在のマーケット(相場)に当てはまりませんが、
  今、流行の、「ダビンチ・コード」のパズル(暗号)解読よりは、
  全く容易い、と思いますので・・・---

念のために、繰り返しますが、
『現在が修正局面・調整局面にある』ことは、当然の、前提です。

【マーケット・コメント】 2006/5/16(火)
---現在は、「修正」「揺り戻し」の局面---
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/2006May16.htm

(一部抜粋引用)

> マーケット(外国為替市場)として見れば、それなりに動いている印象だが、
> このところ急落していたドルの調整の域を出ない。
>
> 『リバウンドがどこまでなのか?』を探る展開。
> 別な言い方をすれば、どこで、ドルを売るのか、を探す相場。
>
> このところの値動きから見て、レジスタンスは、いくつかある。
> [111.00]の手前のところ、つまり、110円台後半([110.80-90]レベル)。
> これは、弱いレジスタンス。
>
> その上は、[111.50]。これは、そこそこ強いレジスタンス。
>
> その上は、[112.15-25]。これは、強いレジスタンス。
>
> その上には、[113.40]の強いレジスタンスがある。
>
> ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
>
> 既に、現在は、大きく急落した後の、
> いわゆる「修正」「揺り戻し」の局面に入っている、
> と考えている。
>

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

【修正】【修正局面】(Correction)
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub012shi.htm#correction

 相場の動きは、上下動を繰り返す習性がある。
 だから、相場が一本調子に上昇したり、一本調子に下落したりした場合に、
 それまでの値幅よりも小さく、相場がいったん反転して、
 そこで「レンジ相場」(持ち合い相場)を形成することがある。

 この反転して、小幅な上下動を繰り返す値動きを、
 修正(Correction)、修正局面と呼ぶ。
 調整、調整局面と同義語。

 参照→ 【揺り戻し】
http://smatt.hp.infoseek.co.jp/sub038yu.htm#yurimodoshi

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

Presented By【フォレックス・ディーラー物語】 Presented By【外為用語の基礎知識】

 メールマガジン【独断と偏見の為替相場】配信の登録・解除
 http://smatt.hp.infoseek.co.jp/mailmagazine0001.html

にほんブログ村 為替ブログへ 外為ランキング 人気blogランキング ブログランキング 外国為替ブログナビ

|

« 現在は修正・調整局面の乱高下---2006年05月31日Part1【マーケット・コメント】 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/104737/2011984

この記事へのトラックバック一覧です: 【修正・調整局面のボックス相場】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part2:

« 現在は修正・調整局面の乱高下---2006年05月31日Part1【マーケット・コメント】 | トップページ | 【読者の方からのメール紹介】---労多くして益少なし---2006年05月31日Part3 »